西白河地方森林組合

メニュー

事業案内

平成31年度事業計画書

運営の基本方針

総括  平成31年度は「森林経営管理法」が施行され、森林所有者自らが経営管理を行うことの困難な森林を市町村が主体となって集積し、経済性のある森林は意欲と能力のある林業経営者に再委託され、林業経営に適さない森林は市町村が管理するという森林・林業施策の根幹が大きく変わる局面を迎えます。
 林業従事者の高齢化や木材価格の低迷による採算性の悪化など林業生産を取り巻く経営環境は依然として厳しい状況にありますが、森林組合には、この「新たな森林管理システム」を円滑に実施する原動力となることが求められています。
 森林組合では、これらの課題等に取り組むべく32年度までの系統運動として、
①効率的かつ安定的な林業経営による組合員の経済的利益の向上
②林業・関連産業の活性化による地域社会の活力向上
③森林の持つ多面的機能の高度発揮による国民生活への貢献
の3点を設定しておりますので、役職員一人ひとりがその自覚と責任を持って、組合員から信頼される組織体制や経営基盤の確立に努めてまいります。
 特に、市町村等の公的機関が事業主体となり、放射性物質の低減と間伐等の森林整備を一体的に実施する「ふくしま森林再生事業」は当管内の森林を再生する上で効果的で欠かすことのできない事業であることから、より積極的に取り組んでまいります。
 また、長期の施業を見据えた集約化施業を柱とする森林経営計画の策定拡大を図ってまいります。
 さらに、「森林環境基金整備事業」や「保安林整備事業」などの補助事業を国・県・市町村と連携を図りながら、事業量の安定確保に努めてまいります。
 このほか、「ポストふくしま森林再生事業」としての新たな事業の開拓にも取り組んでまいります。
 引き続き、組合員の皆様と関係機関各位のご支援・ご協力をお願いいたします。
指導部門 1 市町村の地域林業振興施策に基づいた森林経営計画の策定拡大
2 提案型集約化施業による森林整備の推進
3 森林施業プランナーの育成
4 森林組合だよりとホームページによる情報提供
5 森林環境学習や林業現場見学会による林業啓蒙
販売部門 1 販売・林産事業の推進
2 一般用材並びにパルプ材の確保と安定供給
3 効率的な販売体制の強化
森林整備部門 1 ふくしま森林再生事業の受注促進
2 各種補助事業を活用した森林整備の推進
3 病害虫防除事業の受注確保
4 森林調査業務の受注促進
5 優良山行苗木の確保と斡旋
6 林業資材の斡旋
7 森林保険事業の促進

森林整備事業

 先人から受け継がれた大切な森林を森林所有者にかわって森林整備全般を行っています。
 これまで培ってきた知識や経験を駆使し、植林から下刈、枝打ち、間伐等の森林を「育てる」保育作業を中心に適正な管理に努めています。また、間伐事業については、小規模・分散的施業から面的な大規模施業に転換するため、森林経営計画を樹立し、効率的な集約化施業を進めています。

森林資源を有効活用して、ふるさとの未来へ元気な森林を残しませんか。

 森林は、水源や、土砂災害の発生防止、美しい景観をつくり、さらに酸素をつくり出すなど、私たちの生活に欠かせない様々な働きをしております。
 しかし、伐採されない高齢の森林や手入れのされていない森林が多くあり、若返りや手入れを必要とする森林も見られます。元気な森林を次世代に引き継ぐために、所有する森林について考えてみませんか。


  1. 自分の所有森林の場所が分からないので、子どもに教えることもできない。
  2. 場所は分かるが、森林の状態の判断ができない。
  3. 森林が荒れていて元気がなく、災害が心配だ。
  4. 森林から少しでも収益を得たい。

このような場合、まとまった森林を対象に現地の確認や森林の手入れで活用できる補助事業として

  • 森林整備地域活動支援交付金事業
  • ふくしま森林再生事業
  • 一般造林事業
  • 森林整備事業(森林環境基金事業)

などが用意されています。


 特に伐採できる森林では、間伐や皆伐を行い、伐採した木を販売して収益をあげてみましょう。
そして、皆伐した森林へは植栽を行い、次の世代へ、ふるさとの未来へ、元気な森林を残しましょう。

森林組合は木を育て、森林を守っています。


管理サイクル

特殊伐採

 自宅、寺社仏閣などに隣接する樹木が大きく成長し、支障をきたしている幹や枝を伐採して欲しい、あるいは、風や雨により建物に倒れてきそうな木を伐採して欲しい、また、既に倒れてきた木を伐って欲しい等、多くのご依頼が寄せられています。
 当組合では、危険木の伐採を行う「特殊伐採作業」も行っており、皆様のご依頼にお応えしております。